• 今が完熟!
    北三陸・洋野うに牧場産
    旬の『生うに』を食べてみた

    ―【岩手県洋野町】北三陸ファクトリー

    こんにちは!
    たびふくスタッフのたけまえです。

    いつもレポートをご覧いただき、ありがとうございます。
    前回の生うに食べてみたに続き
    やってきました、

    第2弾!!!

    このときを今か今かと待ち望んでおりました✨

    お取り寄せ先である北三陸の生うにシーズンは、4月中旬から8月中旬のごく短い期間。
    前回食べたのが4月~5月の新物なのですが、さっぱりとしたフレッシュな味わいながら、しっかり甘味もあって・・おいしかったな~。

    ▲豪快に、うにの手巻き寿司もやりましたね。


    なんと6~7月はうにの最盛期!
    旬の後半である7月は、甘みが最高潮に達する「完熟うに」となるそうです。
    だんだんと甘味が増して濃厚になり、時期によって違う味わいを楽しめるのが、うにの魅力の一つ。

    北三陸のうにのおいしさを知ってしまった以上、食べ比べを試さずに、うにシーズンを終えるわけにはいかないのです!
    なんとしても!!


    ということで今回も
    岩手県洋野町(ひろのちょう)の「北三陸ファクトリー」さんから、旬の”生うに”をお取り寄せしました!

    北三陸ファクトリーさんの主力商品が「洋野うに牧場の四年うに」。
    稚ウニを沖に放流し、大きくなってから沿岸の「洋野うに牧場」に移して、昆布をたっぷり食べさせて仕上げます。水揚げまでになんと約4年かけ、大切に育てているんですよ。

    さっそくお店のページを覗いてみると・・・

    !!!!!

    旬の「殻うに」!!?
    殻ってあのトゲトゲの?!!

    いつの間に、また魅力的な品が増えているではないですか!
    おうちで殻剥き。おうちで剥きたて。”
    これはぜひ体験してみたい。

    あとは前回と同じく、
    殻を剥いた状態で届く、塩水パックタイプの生うにもポチッと。

    今回注文したのはこちら▼

    ►「洋野うに牧場の四年うに」100g入り塩水パック(冷蔵)うに丼1.5杯分
    税込価格: 2,980 円


    ►「洋野うに牧場の四年うに」殻うに(約1kg:7〜12個入り/1ケース)
    税込価格: 4,180 円

    ・・・数日後・・・

    冷蔵のクール便で届きました。

    さっそくオープ~~~~ン!

    この青いビニールをめくれば殻うにが・・・!?
    ドキドキ、ドキドキ


    まだでした。笑

    でも、ちょっとだけ見えてます。
    ・・・うにだっ!!

    うに10匹、現る。

    うにだ~~~~~~~~~~~~!!!!

    これだけですでに感動。

    ▲「洋野うに牧場の四年うに」殻うに(キタムラサキウニ)

    水族館では見たことはあったけど、
    こんなに間近で見るのは初めてかもしれません。
    キタムラサキウニという種類なので、光の加減で紫色や暗褐色にも見えます。

    思わずつんつん。
    はっ・・!動いてるっ!!

    写真ではわからないですが、つんつんするとトゲが動きます。
    水揚げされ、新鮮な状態で届けられていることがわかりますね。

    手の平サイズでかわいい。
    (指先がちょっと黒いのは、つんつんしすぎたせいです)

    殻うにの下には、氷が敷き詰めてあり、
    そこに塩水パックのうにも入っていました。
    こちらは前回お取り寄せしたものと同じ種類。
    のちほど食べ比べしていきます。

    では、初めての殻剥きに挑戦していきましょう!
    剥き方は、商品と一緒に届くチラシにわかりやすく記載されているので、こちらを見ればOKです◎


    そして私、見つけちゃいました。

    北三陸ファクトリーさんがアップされている、殻剥きの動画!

    実際の動作がイメージしやすいので、こちらを見ながら実践するのもおすすめですよ。

    用意するものはこちら!

    ※塩水は、水1リットルに対して塩約35g(大さじ2杯+小さじ1杯程度)を完全に溶かしておく

    塩水のボウルは、わた取りの作業に使うのですが、真水を使うとうにが溶けてしまうので、必ず塩水を用意します。

    では殻剥きスタート!

    うにの口に、調理用はさみの刃を少しあけた状態で刺し入れて、口の部分をはずします。
    ※軍手をはめて、怪我に注意しながら行いましょう。

    中央の白い部分がうにの口。
    ここに、はさみを斜めに差し込んで、テコの原理で上に持ち上げるイメージです。

    パカッ!

    ❷口部分周辺の殻に、調理用はさみで対角線上に切れ込みを入れます。

    こうすることで、うにの殻が割りやすくなります。

    ❸口部分の開いた穴に、両親指を差し入れ、うにをふたつに割ります。

    ぱっかーーーーーん!✨

    トゲが痛そう、力が要りそう・・
    殻を剥く前はそんなことも考えていましたが、
    コツをつかめば、軽い力で簡単に剥くことができます。

    ❹うに殻の内側側面に沿ってスプーンを入れ、うにの房をすくい取って、塩水を張ったボウルに入れます。

    ご家庭にあるティースプーンなど、スプーンの先が小さいものを使うのがおすすめ!
    ちょうどうにの房と同じくらいのサイズなので、殻の側面に沿って房一つ一つをきれいに取ることができます。
    ちなみに、殻うに1個から5つの房が取れます。

    ❺塩水の中で、ピンセットか割り箸を使い、うにの房の回りに付いているワタ(黒い部分)を取り除きます。

    なんといってもこの作業が大変!
    うにの身を崩さないようにと思うと、とても神経を使います。
    殻剥きの職人さんたちは、一つ一つ手間をかけてこの作業をやっているんだな・・
    そう考えると、職人さんの凄さはもちろん、
    丁寧に仕事をされているのだと身を持って知ることができます。

    ❻ボウルの塩水が濁ってきたら、きれいな塩水に替え、残った細かなワタも全て取り除きます。

    ❼きれいになったうにの房をざるにあげて、よく塩水を切れば完了です!
    ※すぐに食べない時は別容器に移して冷蔵庫へ

    さぁ、はじめての殻剥きの結果はどうでしょう?



    じゃん!

    はじめてにしては・・・全然ダメですね(泣)
    手元がおぼつかず身が崩れてしまった1回目。

    コツを掴んだ2回目。
    自分でも驚きの成長ぶり✨

    きれいな形を崩さないポイントは、スプーンで身を取り出すときに、決して闇雲にやらないこと。(1回目はこれで失敗しました)
    一つ一つ房をすくうように取り出すことが大切です。
    うにの気持ちになって、丁寧に取り出してみてくださいね。

    それでは、剥きたてのうに、いただきます!

    食べてびっくり。
    磯の香りと、うにの甘味が口い~っぱいに広がる・・!
    「さっき海から獲ってきたよ」と言われても疑いようがない、これぞ剥きたて!新鮮そのもの!を感じられます。

    昆布を食べて育っているだけあって、嫌な臭みもなく、殻付きの生うにだからこそ楽しめる”極上の味わい”です。


    今度は、別の剥き方を試してみます。
    ハサミを入れて、穴を開けるところまではさっきと同じ。

    そこから、穴をどんどん広げていきます。
    そのままキッチンバサミを使い、殻を挟んで外側にパキッと折りながら、殻を剥いていくイメージ。
    (ご家庭にあれば、骨抜きやピンセットでもOK)

    ピンセットか割り箸を使ってワタを取り・・(塩水の中で殻ごと軽く振ると、多少ワタが取れるのでおすすめ)

    できました!

    これをそのまま



    焼いてみた!

    「焼うに」に関しては意外に情報が少なくて…
    調べると殻ごと焼けば良いことはわかるのですが、焼き時間がよくわからず、とりあえず焼いてみることに。

    この時点でうにのトゲがまだ少し動いていたので、焼いちゃうけどごめんね・・と思いつつ、網の上へ。

    弱火~中火でじっくり焼こうと思いましたが、ちょっと時間がかかりそうなので・・・
    身を取り出して空っぽになった殻を、
    えい!のせちゃえ!

    フタをして蒸し焼き風にしていきます。



    5分経ちましたがあまり変化がなかったので
    火力を最大に、一気に焼くことにしました。

    すると1分後、

    水分が飛んで身の色が濃くなっています。
    良い感じに焼きあがったようです。

    おいしそう・・・!!!

    まずは何もつけずにそのまま。

    生だと、つるん!とろん!とした食感ですが、
    焼きうには、身がふっくら・ぷりぷり。
    そして、ぎゅぎゅっと甘味・旨味が凝縮されたような味わいで、おいしい!
    お酒のつまみにもぴったりです。

    これはアレも合うはず・・
    そう、みんな大好き!バター醤油☆

    バーナーで表面を焦がして、
    視覚・嗅覚・味覚、もう全部が幸せ。

    バター醤油の香ばしさと、うにの濃厚な甘味が合わさって、間違いないおいしさでございます。
    焼うにを食べるなら、ぜひこちらも試してみてくださいね!

    ちなみに、お皿にのっている身はうに約5個分。
    お取り寄せ品は、計10個入りなので、家族でも十分に楽しめる量ですね!

    殻うにが一段落したところで、
    塩水パックのうにも食べていきましょう。
    ご家庭でより手軽に生うにを味わうなら、やっぱりパックタイプがおすすめ!

    「洋野うに牧場の四年うに」100g入り塩水パック

    ※北三陸ファクトリーさんの生うには「塩水うに」で、ミョウバンなどの添加物は一切使用していません。産地で採れたて・剥きたてで食べるうにに最も近いと言われている、窒素ナノバブル紫外線殺菌海水を使用しています。

    容器が2層になっていて、上のザルを持ち上げれば簡単に水切りができます。

    今回もまぶしく輝いています!

    心なしか前回食べたときよりも、身が大きいような・・!

    さらに、先ほどの殻うにと大きさを比べると

    左:殻うに 右:塩水パックうに

    殻うにの方が少しオレンジ色っぽく、身も厚みがありますね。
    (パックタイプも十分厚いです!!)


    そのまま食べてみると、
    うん!!確実に甘味が増しています!

    前回食べた5月の新物も十分甘味がありましたが、濃厚さがプラスされ、さらにとろっと、あま~い。
    お口の中で、スーッと溶けてしまいます。

    そして今回は、うにパスタも試してみました!
    味付けはだし醤油とバターだけです。
    これをあらかじめパスタに絡めておき、うにをたっぷりのせるだけ。

    うにとパスタを絡めて

    いただきます!

    ん~~~~~濃厚でおいしい!!
    バターを味付けに使うことで、まろやかさが増し、だし醤油によって、クリーミーな甘味がより引き立ちます。

    お好みでちょっと醤油を垂らしてもよし。

    うにのクリームパスタはよく聞くと思いますが、このパスタなら、少ない材料で簡単に作ることができて、うにそのものをシンプルに味わえますよ。

    最後に、「うに丼」
    やっぱりこれは外せません!

    眼福だ~。。
    本当に贅沢で、何度見てもうっとりします。

    醤油をちょっとかけて、わさびを添えて食べてもよし。口いっぱいに広がる、うにの甘味をご堪能ください!


    “時期によって違う味わいを楽しめる”
    5月・7月のうにを食べ比べることで、それを体感することができました。

    7月は東京オリンピックも開催されるので、
    “おうちで殻剥き。おうちで剥きたて。”
    を家族みんなで体験しながら、観戦するのも楽しそうですね。

    甘味たっぷりの完熟うにを味わえるのは、今の時期だけ!
    すでに北三陸のうにを試した方もそうでない方も、ぜひ味わってみてはいかがでしょうか?

    ※北三陸のうにシーズンは8月中旬までですが、予定よりも早く終了する場合がございますのでご了承ください。



    ►気になった商品をチェック!

    ►北三陸ファクトリー

  • \このページをシェア/

  • あなたへのオススメ

    最近チェックした商品

    売れ筋ランキング

  • カテゴリから選ぶ

  • 旅して探す

  • 最新の読み物