• 瀬戸内づくし!
    海鮮の旨み×爽やか風味
    『牡蠣レモン鍋』食べてみた

    ―【愛媛県新居浜市】瀬戸内 垣生(はぶ)食堂

    こんにちは!
    朝は布団、夜はコタツから抜け出せない、たびふくスタッフのたけまえです。

    寒さに比例して恋しくなる鍋。
    そう、今回は「鍋」第2弾でございます!

    第1弾の「ハモ鍋」に続いて紹介するのは…

    \牡蠣×レモン/

    なんと魅力的な組み合わせ!
    牡蠣レモン鍋はもちろん、牡蠣鍋もレモン鍋も実は経験のない私ですが、牡蠣×レモンの相性が良いことだけは知っています。

    さて、今回はどんなお味を楽しめるのでしょうか?

    ❚瀬戸内 垣生食堂さんからお取り寄せ

    お取り寄せ先に選んだのは、瀬戸内 垣生(はぶ)食堂さん。先日ご紹介した「ハモ鍋」と同じお店です。

    実は、元漁師さんが運営しているお店で、瀬戸内海の漁師と連携し、漁港から直接水揚げした鮮度抜群の魚介類を加工して、“ここでしか食べられない” 完全オリジナルの商品を作っているんです。

    今回の牡蠣レモン鍋も、瀬戸内づくし!ということですね。


    注文したのは2品▼

    【送料込】牡蠣の海鮮レモン鍋セット
    税込4,500円

    お買い物

    【送料込】高級天然ハモ鍋セット(4人前)
    税込5,600円

    お買い物

    >>ハモ鍋の実食レポはこちらで公開中<<


    注文品が到着

    ・・・数日後・・・

    愛媛から長野へ!冷凍で到着しました。

    1セットのサイズはこのくらい

    /オープン!\

    レシピに加え、食材・調味液がセットになった”ミールキット”です。
    あとは野菜を用意すればOK!なので、買い物の手間も省けて素直にありがたいですね。

    セットになっているのは、広島県産の「牡蠣」、愛媛県産の「天然スズキ」、高級天然コチを使った「すり身団子」、「岩城島レモン」の具材4種類と、「カット昆布」「ダシつゆ」「だいだいポン酢」の調味料類、そしてなんと、〆の「うどん」まで付いています。

    これだけの食材が入って、しかも送料込みで4,500円!?
    ‥‥コスパ良すぎます!!!
    主婦だけじゃない、みんなの味方ですね。

    今回、一緒に合わせる野菜は、白菜・ねぎ・えのき・大根を用意しました。
    この他、春菊やしめじもオススメですよ。



    セットの具材は袋ごと流水解凍させて、

    袋から取り出すとこんな感じ。
    スズキが6切、すり身団子が4個、レモンは1個分が輪切りに。
    そして主役の牡蠣がたくさん!

    ざっと数えてみると、22個くらい入っていました。(150g×2袋分)
    溢れ出る、トゥルっとぷりっと感。

    一粒の大きさは5・6㎝くらいです。

    こちらの牡蠣は、広島県産の「かき小町」というブランド牡蠣。広島の牡蠣シーズンは一般的に秋から春だそうですが、かき小町は一年を通して身入りが良く、おいしくいただけます。

    また、生食用なので、解凍後そのまま鍋に入れてOK◎ 冷凍加工する前に片栗粉で洗浄済みだそうなので、下処理は必要ありません。手間いらずで楽ちん…!(もし表面の色が気になる方は、流水で軽く洗ってください)

    そして、レモンも広島県産。
    瀬戸内海に囲まれた岩城島で育った「岩城(いわぎ)レモン」は、防腐剤やワックス不使用なので水洗いするだけで皮までおいしくいただけるとのこと。


    牡蠣の海鮮レモン鍋 食べてみた

    野菜がカットできたところで、実食といきましょう。
    大根は、おろし大根にしました!

    付属の出汁つゆを水で8倍に割り、昆布を投入。具材を入れて煮ていきます。
    牡蠣は身が縮まりすぎないように、他の具材が煮えてきたタイミングであとから投入するのがおすすめです。

    ぐつぐつぐつぐつ。
    わ~~~~煮えてきました。それにしても、だしのいい香り。

    全体に火が通ってきたら輪切りレモンをのせて、ひと煮立ちさせればOKなのですが…

    そうだ、味変しよう。

    最近の鍋の流行は味変ですからね~、
    レモンはちょっと置いといて、まずはシンプルに味わってみます。

    牡蠣もいい感じに身がキュッと締まっています。おいしそう!

    他の具材も器によそって、いただきま~す!

    はぁ~~~~~~おいしい。
    牡蠣がふっくらぷりぷり!身がぎゅっと、旨みもぎゅっと詰まっています。
    そこにつゆが絡むことで、旨み倍増。

    そう、牡蠣がおいしいことはもちろんなのですが、おつゆの味わいが絶妙なのです。鰹や昆布などの風味を感じる醤油ベースのつゆで、そこに食材の旨みが溶け出して…
    冗談抜きで、飲み干しても良いくらい。ほっとするおいしさなのです。

    付属のポン酢も試してみます。
    柑橘のさっぱりとした風味が、濃厚な牡蠣に合ってGood!
    つゆで煮込むだけでも十分おいしいですが、たまにポン酢をはさむのも良いですね。


    いよいよ、レモンの出番といきましょう! Let’s 味変。

    ぱらぱら、ぱらっと。
    鍋一面にレモンを浮かべます。

    これだけで一気に雰囲気が変わりますね~!
    見た目もきれいで、すっきりとした香りも広がります。

    ひと煮立ちさせて、いただいてみましょう。

    ▲広島県産 牡蠣(かき小町)

    つゆにレモンの爽やかさがプラスされて、また違うおいしさ!
    決して”酸っぱい!”ということはなく、ほのかな酸味でちょうど良いさっぱり感。
    そして、レモンのすっきりとした風味によって牡蠣が上品な味わいになります。

    やっぱりこの組み合わせは間違いないな~と、つくづく実感しました。

    ▲愛媛県産 天然スズキ

    主役は牡蠣ですが、スズキもお忘れなきよう!
    白身魚なので、こちらもレモンとよく合いますね。味が引き締まる感じがします。
    そして淡泊な分、牡蠣の風味を邪魔せず、旨みを引き立ててくれます。厚みもあって、食べやすいサイズなのも良いです◎

    ▲天然コチの すり身団子

    こちらは地元・愛媛の蒲鉾屋さんが作る、高級天然コチをベースに使用したすり身。
    ふわふわで、だしが染みるとよりおいしいです。

    キャベツやニンジンも練り込んであります。
    すり身団子は全部で4個入っていますが、一つがしっかり大きいので満足感もありますよ。

    また、大根おろしを添えて楽しむのもおすすめ!
    大根の甘みが他の食材に絡んで、やさしい味わいがプラスされます。
    もっと量を増やして、みぞれ鍋にしてもおいしそうですね!(今度やってみようかな)

    ワンポイントアドバイス
    皮付きのレモンは長時間煮込むと苦みが出てきてしまいます。レモンを浮かべてひと煮立ちさせ、風味が移ったところで取り除くと、苦みやえぐみを感じず、最後までさっぱりいただけるのでおすすめです!


    ❚〆のうどん 食べてみた

    さぁ、いよいよ〆といきましょう。
    雑炊やラーメンもおいしそうですが、ここはセットで付いてくる「うどん」で決まりです。

    うどんをレンジで解凍し、お鍋の中に投入!
    ※うどんは1人前

    少し煮立たせて、お好みでねぎを散らして完成です。

    牡蠣や海鮮の旨みがスープに凝縮…!コクのある深い味わいながらも、すっきり、さっぱり。
    ちょっとお腹がいっぱいでも、これならスルッと食べられちゃいます。
    それにしても、うどん合う~!

    〆にぴったりの海鮮レモンうどん、ごちそうさまでした!


    ❚まとめ

    いかがでしたか?
    瀬戸内海の牡蠣×レモンで楽しむ、海鮮鍋セット。

    ぷりっぷりに身が詰まった牡蠣、レモンの爽やかな風味に、海鮮の旨みが染み出した極上スープ。
    寒い日に食べたら、より幸せを感じられること間違いなしです。

    おうちで手軽に味わえる、瀬戸内づくしの海鮮鍋を皆さんもぜひチェックしてみてくださいね。


    ►お買い物はこちら!

    垣生食堂さんの商品はすべて送料込み!
    (2021年11月現在)
    瀬戸内海の旬のお魚を使った逸品を
    チェックしてみてね↓

  • \このページをシェア/

  • あなたへのオススメ

    最近チェックした商品

    売れ筋ランキング

  • カテゴリから選ぶ

  • 旅して探す

  • 最新の読み物