• 広島・瀬戸内海で育った
    上品な甘さのぷりっぷり
    『美浄生牡蠣』食べてみた・前編

    生牡蠣

    ―【広島県呉市】中野水産ー

    こんにちは。
    たびふくの旅人とどです。
    みなさま、大変お待たせいたしました。
    いよいよを迎えた、たびふくユーザーにこよなく愛されるあの食材といったら…

    そうです。

    牡蠣

    かきかき~!
      

    これは見逃せない、神回になりそうな予感?!

    早く読みたい方はこちらへジャンプ! 

    殻付き牡蠣・送料込
    税込3,980円

    お買い物

    殻付き牡蠣とむき身
    税込5,000円

    お買い物

    カキフライ・送料込
    税込3,980円

    お買い物

    牡蠣を注文してみた


    これまでたびふくでは上五島の牡蠣をご紹介してきましたが、実は少しずつ、たびふくに日本列島各地の牡蠣が仲間入りし始めているんです。そこで今回は、「牡蠣といったら」広島県!から、お取り寄せしていきましょう。
     
    ※上五島の牡蠣は2月頃から順次入荷予定ですので、こちらもどうぞお楽しみに…
    >過去記事:真牡蠣・岩牡蠣食べ比べてみた
    >過去記事:プレミアム特大岩牡蠣食べてみた
     
    今回注文するのは、先日たびふくにオープンしたばかりの新店「中野水産」さん。

    全国有数の牡蠣産地、広島県呉市音戸町(くれし・おんどちょう)にて、広島県が指定する「音戸の瀬戸」沖の清浄海域で牡蠣の養殖・販売をしている生産者さんです。

    清浄海域”というのは、澄んだ綺麗な海のこと。生食用の牡蠣は、県が指定した清浄海域でしか育てることができないそうで、中野水産さんは、美味しさの追求はもちろんのこと、安心へのこだわりも強く、「美浄(びじょう)生牡蠣」と呼ばれる上質な牡蠣を全国へ届けていらっしゃいます。(こだわりの技術は後ほど…!)
     
    そんな中野水産さん、なんと、オープン記念に素敵なセットを色々ご用意してくださっているようで…

    >商品一覧はこちら 
     

    おおお…送料込みで、おまけつき?
    今だけ、旬の朝獲れ牡蠣フライ…??
    色々見逃せないぞ!ということで、ひとまとめに

    殻付き牡蠣・送料込
    税込3,980円

    お買い物

    殻付き牡蠣とむき身
    税込5,000円

    お買い物

    カキフライ・送料込
    税込3,980円

    お買い物

    ぽちぽちぽちっとな!


    …海から山へ、牡蠣移動中…
     

    開封してみた


    いざ、到着!

    \じゃーん/

    ベリベリと…伝票が美しく剥げなかったのは悪しからず。まずは、やっぱりこちら、殻付き牡蠣セットから参りましょう!

    ►【送料込み】【オープン記念!たびふく限定今だけおまけつき】美浄生牡蠣 殻付き 10個+おまけ1個:税込3,980円

    早速蓋を開いてみると、

    素敵なリーフレット達がお目見え。おいしそうなレシピもついていて、これは嬉しい。

    肝心な牡蠣はというと、発泡スチロールではなく紙の容器に包まれているようで、

    \ぱか/

    うわぁ。登場しました~
    (牡蠣だ、牡蠣だ)
     
    高まる気持ちを抑えながら早速手に取ってみると、

    お、思っていたより、ずっしり。

    入っているのは全部で10個…
    ではなく、

    \おまけの1個/

    わ~い、うれしい♪おまけつき!

    こちらのセットは全部で11個入りということですね。(期間によっておまけの有無が異なるのでご注意ください!)
     
    ちなみに恒例のサイズ比較をしていきますと、こんな感じ。

     
     

    こんなスマホケースがあっても素敵かも。(?)

    サイズは時期や個体によって異なりますので、あくまで参考程度になさってくださいね。
     

    牡蠣の剥き方


    仕事柄、1年間でたくさんの牡蠣を剥くようになった私。巷(ちまた)では牡蠣剥き職人との呼び名も聞こえてくるほどに。(それは嘘)
     
    まず準備すべきはこちら、牡蠣ナイフ軍手

    軍手着用は必須!お怪我のないようにお願いしますね。こちらはセット内容には含まれていませんので、必ず事前にご準備ください。牡蠣ナイフは100円ショップでも購入できますよ◎ お手元にない時は、お食事用のナイフでもOK。

    それでは早速、Let’s Challenge!

    ※ 注意 ※
    初めての方は、慣れるまでは少し苦戦するかもしれません。また、牡蠣によっては力が必要なので、素敵なダンディーに頼ることを推奨いたします。

    1.牡蠣を手のひらの上にのせる。

    ▽にすぼまっている方を自分側へ向けましょう。

    この時、平らな面を上に向けてください↑

    2.時計の2時のあたりに潜む貝柱を外す。

    貝殻の、層と層の隙間を狙って刃を入れていきます。

    入らない!どうしても硬くてギブアップ!という場合には、殻のフチをキッチンバサミでカットすると、刃が入れやすくなります。刃が入ったら、ぐりぐりぐり…と、平らな上側の殻に沿って優しく刃を滑らせていくと、貝柱の接着が外れます。

    3.ぱかぁっと隙間が開いたら、手でつかんでめきめきと殻を開く。

    ここはそんなに力はいりません。(もっと上手だと貝柱がほとんど殻に残らないはず。無念なり。)

    4.まだ殻にくっついている、貝柱の下側をそ~っと外す。

    下側の殻に沿って、やさしくやさしく滑らせると貝柱が外れます。

    5.くるりんぱっ

    こちらはやってもやらなくても、ですが、たいていの牡蠣は剥いた後に表裏を反転させてあげると、ぷるりんっと美しい身が現れます。
     
    あとは、お水でさっと洗ってあげれば、後はそのままお口に運ぶだけ。
     
    ここで…
    あまりに美しく、うっとりしてしまう、
    牡蠣ダイジェスト!!!

    …-この、奥までむぎゅ~とつまったボディ。

    …-おおおおおぉお…(眩しい)

    …-シロイルカみたいでかわいい。

    …-つや、ぷる。
     
    はあぁ。剥いているだけで、見ているだけで、ただひたすらに幸せ。
    そんな気持ちでパカパカパカと、ものすごい勢いですべての牡蠣を剥いていく私。

    (楽しいナ…)

    剥き終わった牡蠣たちを、

    こんな感じで氷と殻を敷いたお皿に盛りつけてみました。

    レモンをちょっと添えれば、あっという間にお家でオイスターBAR気分。
     

    牡蠣をそのまま食べてみた


    それでは、いざ実食。

    まずはそのままで。

    生牡蠣食べてみた

    (どきどき…)(もぐもぐ…)

    おい & しい

    海の恵みに感謝。食に、感謝。美味しくないわけがありません。
    ご覧の通り、ぷりっとつるっと、喉越しが最高なのは言うまでもなく、牡蠣特有の独特な臭みが非常に少ないのが特徴的。甘みがあって、すっきりとした綺麗な味わいだなぁ、という感想を持ちました。これ、牡蠣が苦手な方でも、食べやすい牡蠣だと思います!

    それもそのはず。
    海から揚げられた牡蠣は、ろ過器を通した浄化海水の水槽に入れられ、紫外線による殺菌、海と同じ流れを作りながらマイクロバブルを発生させるオゾン浄化など、いくつもの浄化工程を行っているのだそう。
     
    なるほど。丁寧に美しく浄化された牡蠣なので、“美浄生牡蠣”ということなのですね。

    そして浄化を終えた後も、色・形・傷がないかなど一粒一粒確認、選別して、その日のベストなものを当日中に発送しているので、 なんと翌日には私たちの食卓に届く、ということです。一般流通では間を介することで水揚げから到着まで3~4日はかかってしまいますよね。

    鮮度が命をモットーに、様々な技術を駆使して牡蠣特有の「臭み」をとり、本来の「甘み」だけを残しているのが、中野水産さんのこだわり!生産者さんの熱い想い、丁寧なモノづくりの姿勢があって、私たちはおいしくて幸せな食卓を囲むことができています。感謝、感謝。
     

    牡蠣を味変してみた


    牡蠣が持つ海の塩気だけで何も付けずとも十分に満足できますが、

    やはりここは

    「レモン」でもいただきたいところ。

    \きゅっ/

    \つやっ/

    \ごくり/
    (…思考回路停止)

    素晴らしきレモン。さすが、牡蠣のオトモダチ。この酸味と爽やかさが、牡蠣の磯感の引き立て役になってくれています。

    ~ここで、味変・番外編
     
    実は、たびふくの旅人ノディ(50代グルメおじさん)はバリバリの広島出身。なんと広島では、「海老やイカよりも牡蠣はポピュラーじゃけんのー、あさり感覚で食べるもんかのぉー!」とのこと。海なし県民からすると理解不能の域、衝撃と羨ましさで良く分からない気持ちに。
     
    そんなに牡蠣は身近な食べ物なのか、恐るべし広島と思いつつ、生牡蠣はどう食べるのかノディに尋ねてみると…

    酢醤油を合わせることが多い、とのこと。

    やっぱり牡蠣にはポン酢かな~と思っていましたが、広島ではあえての酢醤油ということで、試してみるとこちらも期待を裏切らない美味しさ。醤油の深みとコクがきりっと骨格を成し、これ、なかなか良い…。燻製醤油を合わせてみるのも面白そうカモ。
     

    レンジで蒸し牡蠣にしてみた


    ここまで生牡蠣をたっぷり堪能したところで…
    生牡蠣は苦手・恐怖・体調に合わずに食べられない方へ、朗報です。今回の生牡蠣、この紙の容器に入っていることをお見せしましたよね?

    そう、これが「パルプモールド」と呼ばれる、紙(パルプ100%)で作られた容器。
     
    ただ環境にやさしいというだけではなく、この容器に食べたい分だけ牡蠣を入れて、そのまま電子レンジでチン!すると、蒸し器や耐熱容器などの器材を一切用意することなく、いとも簡単に蒸し牡蠣にすることができるんです。(ありがたや)

    今回は5個でチャレンジ。

    1個につき600Wで2分とのこと。
    5個なので10分ということになりますが、電子レンジは機器によって具合が異なるので、まずは500Wで8分チンして様子を見たいと思います。
     

    …8分後…

    紙の蓋をあけると、お!

    殻が開いているので、これくらいで良さそうかな?
    あまり長くチンすると身が縮んで固くなってしまうので、お好みに合わせて少しずつ調整することをおすすめします。

    加熱したことで貝柱が勝手に外れていますので、手で簡単に殻を開けることができます。殻が閉じていたり、貝柱がくっついている時は、追加で加熱するか牡蠣ナイフで少しつついてあげると、軽い力で簡単に外すことができますよ。殻剥きが苦手な方には、こちらの食べ方がとってもおすすめ!

    こうして蒸し牡蠣セットの完成。

    柚子胡椒はマスト。

    熱燗は…もっとマスト。

    ちょんちょんっと柚子胡椒を添えたところに、

    ポン酢をかけて…

    \いただきます/

    …!
    加熱により、身がふっくらほっこり。少し軽めに加熱したので身も縮まずに、食べ応えもあります。そして柚子胡椒が、何ともよいアクセント。おいしいなぁ。

    この季節、熱燗できゅっ!と一杯ひっかけたらば、あっという間に素敵なおうち居酒屋ごっこが楽しめますね。
     

    殻付き牡蠣とむき身のセット


    さぁ、ここまで殻付き牡蠣を堪能してきたわけですが。今回はですね、親愛なる牡蠣ラバーたちに、何ともおすすめなセットに出会ってしまったのです。

    それがこちら。

    \オープン/

    おやおや?
    殻付き牡蠣と同じでは??
     
    蓋を開けると、

    かきめしの素?とレモン?

    右側には、あっ!殻付き牡蠣、発見!

    かきめしの素の下には、あっ!
    むき身の生牡蠣、発見~~~~!!!

    ►【牡蠣三昧!】美浄生牡蠣 むき身と殻付きのセット:税込5,000円

    はい。つまり、ここまでご紹介した殻付き牡蠣に加え、むき身の牡蠣と、かきめしの素が一緒になった、素敵な牡蠣セットの登場というわけです。
     
    正直、殻付き牡蠣がやっぱり一番!と思っていた私。わざわざお取り寄せするなら、むき身より殻付きでしょ、と、そんな身勝手な考えが、この出会いにより払拭されることになるとは…
     

    次回予告


    「1年A組、むき身牡蠣クラス集合!」

    「こんな食べ方、はじめて。
    伝えたいこの想い。」

    「バターと、醤油と、それから私。」

    「あなたは、一体誰?
    広島焼き…肉玉そば…お好み焼き決戦!」

    「朝獲れ牡蠣フライと、
    レモンサワーの大冒険。」

    以上、こちらの5本仕立てでお送りいたします。
    来週もまた見てネ!
     
    ・・・・・(?!)
     
    ということで!なんと今回はあまりに牡蠣の画が強く、素敵な食べ方にたくさん出会ってしまったため、「食べてみた」を2回に分けてじっくりお送りさせていただきます。続きはまた来週アップしますので、ぜひこちらもCHECKしてみてくださいね。
    (むき身も立派で、本当に見逃せないのですよ…)
     
    ・・・・・数日後
     
    お待たせしました!後編完成、どうぞご覧あれ。

    気になる商品をチェック


    殻付き牡蠣・送料込
    税込3,980円

    お買い物

    殻付き牡蠣とむき身
    税込5,000円

    お買い物

    カキフライ・送料込
    税込3,980円

    お買い物

    \他にも牡蠣、いろいろ!/

  • \このページをシェア/

  • あなたへのオススメ

    最近チェックした商品

    売れ筋ランキング

  • カテゴリから選ぶ

  • 旅して探す

  • 最新の読み物